ユノペン時々チャミペン。つまりトンペン。東方神起を応援するRed Oceanの一粒。

東方神起のユノとチャンミンを応援するブログです

こじらせてます(残りのTILL2ネタを少しだけ)

ごぶさたしております。

こじらせすぎて更新できないでいるりこねぇです。




TILL2のレポ、実はとっくに書いてたんですけどね。

これはマジです。



ただね、更新しようと思った途端、ざわざわが始まって。

もうずいぶん前の話ですけども。

最初はTILL2でユノがかずさんに顔面ケーキぶちかましたってあたりだったかな。

古過ぎて今頃何ゆってんのってカンジですが。

そこからユノの周囲の人たちについてあーだこーだが始まって。

どう解釈すればそんな発想になるのかと思うような内容を吐き出しまくっておられましてね。

いわゆる「もやもや」ってやつですよ。

それがあまりにも大量すぎまして、さすがに辟易しております。




もうね、めんどくさくてツイすら見てません。




とあるユノペンさんから「あの人たちはユノが好きだからこじらせてるの。乙女心を理解できないあなたにはわかりません」的な解説をいただきましたが。

なるほど。それは確かにわからん。

乙女心が0.5グラムしかないアタシには理解できません。

もちろん一部の人だし(一部と言ってもアタシのツイのタイムラインに結構な勢いで登場してますが)、それについてとやかく言う義理もないんですが。

今のアタシの心情としましては





こっちはこじらせてるあんたら見てこじらせてるわです。





いやほんとに。

もちろん、ファン同士のいざこざだの、ユノに対する下げとも取れるコメントだの、行き過ぎた行動だのが昔からあるのはわかってます。

そんなこと東方神起のファンに限ったことではないのもわかってます。

わかってるのになんでこじらせてるのか。





原点に立ち返りますと、アタシがブログやってる理由はユノに愛を叫ぶためじゃなくてですね、トンペンペンだからってのが大前提なんですよ。

ユノに愛を叫ぶためなら、無視して更新できたんでしょうけども。

簡単に言えば「もやもや」してる人がユノに対する不信感をツイに流してるのと同じ原理で、ユノに「もやもや」してる人を見て「もやもや」してるわけです。

しかも「憶測」とか「妄想」じゃなくて「現実」ですからね。





ちょっと話がそれますけど、最近ネットって怖いなと思うんですよ。

Yahoo!のコメントとか酷いじゃないですか。

亡くなった芸能人の方のニュースのコメントに、残酷なこと書き込んでる人とか。

なんで書き込まずにいられないんですかね?

大半の人が正面切って言えるわけではなくて、ネットだから平気でやるわけですよ。

もちろんみんな心に闇を持ってるもんです。

にこにこしながら腹の中で暴言吐いてるなんてしょっちゅでしょう。

でもね「言わない美学」ってのがあるでしょうよ。

こんなもんきれい事でもなんでもないですよ?

ネットなら口に出せないことも平気で言えるって考えの方がおかしいと思います。




で、不愉快ならネットやらなきゃいいんだよな。

今はそういう気持ちです。

ネットやらなきゃ、ユノペンさんがユノのこと悪く言うのも見なくてすむんだよなと。




アタシのブログを楽しみにしてくださってる方がいるのはわかってます。

消しちゃった下書きにはこんなことを書いてました。




TILL2では、二人の声がかなり前に出てましたね。

そのおかげでユノの綺麗なローパートのハモりが聞き取れました。

あれはCDやDVD、ライブでは絶対にあり得ないバランスだと思うんです。

もしあのバランスでライブをやったら、アタシなら自分の声が聞こえすぎて喉が開かないと思います。

本来ならあり得ないバランスですが、そのおかげで二人の声がよく聞こえたのでファンサと言えるのではないでしょうか。



マミーはアタシよりよくDVDを見ているのに、TILLやTILL2の構成がいろんなツアーをごちゃ混ぜにしていることも、別撮りしている曲があることも気づいていませんでした。

ウィズコンのセットで時ヲ止メテを歌ってるのに違和感を感じないのがある意味凄い。




端折るとこんなカンジでしたね。

レポ、今書けるのはこれだけです。

本当にすいません。




なんだかブログを始めて、更新することに使命感を感じたり更新できないことをプレッシャーに感じたりしてましたが。

考えたらアタシは単なる一般庶民なんだと我に返りました。

読んで下さる方がいらっしゃるので、お恥ずかしながら勘違いしてた部分があるなと。

たぶんその勘違いのせいで一部の方の「もやもや」に「もやもや」してたんです。

なのでしばらくブログから離れようと思います。

このケジメをもっと早くつければよかったと反省しています。

読んで下さってる方、本当にごめんなさい。

今更新するとユノに対する「もやもや」に向かって、よからぬ言葉を吐きそうなので。

「言わない美学」を守るために、今はブログを離れます。

でないと、100パー炎上する。





戻って来るかはわかりません。

SMTのライビュは申し込みましたが、当たってもレポは書けないように思うので、とりあえずはチャンミンが帰って来るまでリハビリします。



まとまりのない文章ですいません。

本当にごめんなさい。



最後に一言だけ。

ユノは何も変わってないと思います。アタシは。


ではでは。

小説はこちらで更新「Novel of TVXQ

2017-06-26 : トンペンさんのお話 : コメント : 23 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

りこねぇ

Author:りこねぇ
昔、道端で踊ってましたね。あ、そうそう、バンドもやってました。ユノのダンスとチャンミンのハイトーンボイスが好きです。あと、東方神起の動画作るのにハマってます。

NewRelease

自作動画

YouTubeにアップしている動画です。よかったら見てやってください。
ユノに大好きな曲を踊ってもらいました。本当にユノが歌いながら踊っているカンジにしたかったんですがどうでしょう^^;

Special Thanks

Mail




記事ナビ2 新着+関連エントリー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR