ユノペン時々チャミペン。つまりトンペン。東方神起を応援するRed Oceanの一粒。

後編

みなさんこんばんは(`・ω・´)ノ

お約束通りの連投です。

湿っぽい話は前編に詰め込みましたので、よろしければご一読ください。




ということでさっそくビギアゲツアー参戦のお話。



2017年12月27日京セラドームに、マミーを引き連れて参戦して参りました。

1ゲートとだけ書かれたチケット。事前調査でS席はアリーナかスタンド下段前列あたりとのこと。

しかしP席の上にSP席まで登場したということで、正直言ってあまり期待はしておりませんでした。


で、着席したのはユノ寄りアリーナど真ん中の二列目。


「うわ…超ビミョー」


メインステージもセンターも全部遠い。


辛うじてトロッコは近いかもしれないが、あれはスタンド席のための演出だから、おそらくここから見えるのは背中のみ。

隣に座った一人参戦のお姉さんが「近くまで来るよ」と教えてくれたのも、どうやらトロッコのことらしい。




いや、アタシ的にはRebootが見たかったんだが…。




まぁ、贅沢は言うまい。



今回のツアーは1度しか参戦できないんだし。

とにかく「お帰り」の雰囲気を楽しもう。



そう心に決めて挑みました。







ところが。








念願だったRebootでの登場。

それだけでもテンション振り切ったところへ、なんとムビステに乗ってユノが「ドンブラコ~ ドンブラコ」と近づいて来るではありませんか。







「はい?」







そんなわけはない。だってここはS席だから。

もう止まるだろ、そろそろ止まるだろうと思うのに、ユノはさらに「ドンブラコ~ ドンブラコ」。





そしてやっと止まったのは、アタクシのド真ん前、斜め上5mの距離。










ギャアァァ━━(|||゚Д゚)━━!!!!!!







落ち着けアタシ。




レンズを通さずに、顔のパーツまではっきり見える距離でRebootを踊るユノ。

ステップを踏むたびに揺れるムビステと、聞こえるはずのない軋む音。

音楽も何も耳に入らなくて、ただただその姿を目に焼き付けました。

ムビステの上では全力を出し切れなくても、ただ踊ってるだけで感動で。








ほんと……ドラゴンボールの胴着が似合ってて。





いやマジで。




悟空より似合ってたよユノ。




宝塚ジャケットもナイスコーディネート。




これが生ユノマジックだね。










みなさん、アタシの感動が伝わりましたでしょうか?






いやもうね。

結構何度か近くで見たことあるんですけど。

踊ってるユノは別物でした。



トゥリコンで最前列ユノ寄り、しかも最センター側の角という奇跡の神席を引き当てましたが、実は最前列ってメインステージがデカいので意外と距離があったんですよね。

あの時一番近かったのは花道を通る時。

それと今回は距離的に互角。

いやいやいやいや。

あの時は歩いてただけだったんだ。

今回はその距離でずっとReboot踊ってましたからね。

なのでアタシ的には今回が「過去最高の神席」でした。







努力の結果、ユノがすぐそこにいた感覚は今でも鮮明に覚えてます。

目ン玉に録画機能があってよかった←ないわ






残念ながらチャンミンが同じ距離にきたのはダンス曲ではなくて。

だから肉眼でダンスを見れなかったんですが。

モニターですがB.U.T(?)の時えらくかっこよかったんですよ。



神席とは言えS席ですから、Reboot以外は結構見づらかったんですけどね。

でも凄く振りが大きくなって、なのに安定感が増したのか全然雑さがなくて。

2年のブランク後に進化してるってすげーなチャンミン。

と、ここのところはWOWOWできっちり確認せねばなりません。



あとは、なんといってもBolero。

ツイでもつぶやきましたが、ライブがCDを超えてました。



アタシは東方神起以外のライブも結構行ってたんですが、正直言って生歌は聴けたもんじゃないってことがザラにあります。

ライブではCDよりキーを下げてたり、CDでどんだけ修正かけたんだと思うほどお粗末だったり。

でも東方神起では「CDのがよかった」と感じたことは一度もありません。



そうそう。アタシが勝手に思ったことがあって。

ユノとチャンミンは、Boleroのようなスケールのデカいバラードがよく合うんじゃないかなって。

二人とも声を張れば張るほど聴いてるこっちが息をのむほど迫力ある声量ですよね。

しかも二人の声質が一定のキーで凄く似てて、交互に歌ったりハモりの移行が耳にとても心地いいんです。

リード歌ってるユノが二人の声が重なった瞬間スコンと低音のハモりに入ったり、チャンミンがミドル超えてガツンとハイに飛んだり。

実はユノが低音、チャンミンが高音てだけじゃなくて、二人が上行ったり下行ったり交差してて、それがゾクゾクするんですよね。




あ、ここはオチないですよ。

真面目に語ってます。





とまあ、レポはこんな感じでしょうか。

MCについては毎回ツアーのたびに、他の人のツイレポ読んだりツベ見たりするもんで、どれが自分が行ったライブの記憶かわからなくなるんですよ。

なので端折ります。




ま、久々の更新なので、せっかくだから別の話題についても書きますと。



Begin Againロゴ 東方神起


このビギアゲツアーのロゴ。



これ見た瞬間「比翼の鳥」って言葉を思い出した方も多いと思いますが。

有名な比翼連理(比翼の鳥と連理の枝)ってやつですね。

これってホントは仲のいい男女に対する比喩なんですけどね…。

でも、このロゴ考えた人、確実にそこ狙ってますよね。

一部のビギさん歓喜したことだと思います。

でもまぁ、比翼の鳥とでも言いたくなるのはわかりますよ。

なんせね、完全体以降から、チャンミンがユノに甘い。

インタビューで「兵役中はユノや家族を大切だと思った。これからはユノに優しくする」とか宣言してましたが。

まさかここまで徹底するかと思うほどの甘やかしっぷり。

そしてとうとうライブでは、ファン相手にユノを庇う始末。




「笑うなんて失礼です。ユノは日本語上手いんです」




…優先順位おかしいですよね?




チャンミンの毒舌にバッサリ切り捨てられ、血しぶき上げながら仲のいい二人を愛でるビギさんたち。

これぞまさしく東方神起のライブですよね←ちがう



二人の絆も進化した東方神起。

2年半待った甲斐どころかおつりがきますよね。





あともう一つ。

Rebootの振付について。



サビに入る最初の「リブー」の瞬間の足の細かい動きとかね。

相変わらず芸が細かい振付ですけども。





この画像、どこかわかります?




Reboot2 東方神起



これ、サビの「明日出会う命のように」のとこ。

ポパイみたいなポーズの (ง •̀_•́)ง



ここ「明日」と「出会う」でステップ踏んで跳ねるじゃないですか。

しかも右、左と腕振りながら。



タケルくんがこれ見て



「うわー歌ってる最中にこの動きねじ込んでくるとかってないわー、すげーめんどくさいー、しかも飛ぶタイミングもめんどくさいー」



って2リットルのティラミスアイスを抱えて食べながらブツブツゆってました。





※業務用です



確かにアタシも最初見た時「え?今どうやった??」って思いました。

この曲、全体的に覚えるの難しそうですよね。

しかも「上手く見せる」のも難しそう。



スピニンもだけど、ポーズがキメづらそうな動きが多い印象なんですよ。

アタシが見る限りではK-POPの振付ってかっこよく見えるってのが最優先に思うんです。

でもスピニンとRebootはとにかく「かっこよく見せるには難易度が高い」って気がします。



それでもFNS堕ちのご新規さんをたくさん釣り上げた…いや、獲得した東方神起すごいです。







と。

前編での告知通り、この記事でブログの更新は「次に書きたいと思う日」が来るまでお休みにします。

何年かかるか、それとも案外数ヶ月だったりするのか。

アタシにも全くわかりません。

もしかするともう更新しないかもしれないし。



それでも「やめます」とは言わずに放置します。

そして最後に、今月中には「このブログに遊びに来てくれた方へ」といった、まとめ的な固定記事をトップに起きます。



ツイも実はやめようと思ってたんですけどね。

ケジメとして。

でもそこまで極端なことする必要もないかなって。

なのでしばらくはツイをメインの住処にしますので、気になる方はお気軽にフォローしてください。



このブログが、時々読み返されたり(死ぬほど恥ずかしいけど)ご新規さんが遡って読んで下さったり(死ぬほど恥ずかしいけど)。

そんなこともあるかもな、なんて思いながら入り口を開けっ放しにしておきますね。



ここでは過去を振り返るような言葉はナシにします。

それは今月中に上げる「固定記事」の中で。


ということで。

本日も長々とお付き合いくださりありがとうございました。


ではでは(。´・∀・)ノ゙



ミラーボール衣装 東方神起

画像、今までたくさんお借りしました。ありがとうございました。 小説はこちらで更新「Novel of TVXQ

2018-01-08 : 東方神起の話 : コメント : 6 : トラックバック : 0
Pagetop

最近の東方神起ラッシュとコメ返とトンペンさんへ

みなさんこんばんは(`・ω・´)ノ


東方神起情報で賑わっている今日この頃。

みなさんご機嫌なようで、ホッコリしているりこねぇです。

今回はすげー長くなります。



前回予告した「某コメントさんへのお返事」は後にまわしてさっそく本題。



サボり倒しててネタが溜まってますが。



まずね、モクパン(モクバン?)見ましたよ←今頃なにゆってるかな

二人が並んで焼き肉食べてるのを巨峰食べながら見てました。



あの番組すごいですよね。

タレントに肉だけ与えてカメラの前に放置プレイですよ。





日本じゃ必ずMCも入るのに。

途中、本気で食べ始めて放送事故レベルの長い無言が流れましたけども。

とりあえず「あーん」で爆弾落としてかなりのトンペンさんが戦死したことを確認しました。




そうそう。「知り合いのお兄さん」も見ましたよ。

ユノがクルクル回って、ぴょ~んて飛んでから意味不明に全力で後ろに飛びましたよね。



床が爆発したのかと思いました。



チャンミンの「センイルチュッカハンダー!!!!」のくだりも面白かったですよね。

あれ、恥ずかしかったってゆってますけど、実は嬉しかったんじゃないのとチャンミンに思考が似てるアタシは思ってます。

そして「実は嬉しかったんじゃないの?」と聞かれても「そんなわけないでしょ!」と言い張って認めないだろうとも思ってて。

もちろん真実はわかりませんよ?ただ、アタシがそうだからチャンミンもそうなんじゃないかなーと勝手に思っただけです。



その後でユノが全力で再現したくだり。

昔はユノとチャンミンのテンションがかみ合わなくて、片方が笑いにもってってんのにズレたりして笑いにうるさい関西人としては歯がゆかったんですが。

ブロケミの成果ですかね。なかなか漫才師らしくなってきました←違う



あの番組かなり面白かったですよね。

滅多にテレビ見ないんですけど、久々に大笑いしました。

ホドンさんの番組に出ること多いですけど、いつも面白いです。



あと、何見たっけな。

そうそう。

東方神起が人んち乗り込んでご飯たべさせろってダダこねるやつ。

ピンポーンっていきなり東方神起が来てご飯出せって言われたら、うちはピザハット頼むしかないですね。

基本冷蔵庫カラに近いんで。

いや、毎日作ってるんですよ?ただ、買い置きほとんどしないんで。




ちゃんと思い出せないけど、多分全部リアルタイムで見ました。

iPhoneとiPadとノートPC駆使して、視聴しながらツイのチェックしながらリツイ流しまくって疲れましたね。



アタシのツイのタイムラインには、結構たくさんのリツイや翻訳が流れてくるので。

最近は情報下さる方々に感謝しつつ、フォロワーのトンペンさん方が喜びそうなトコをチョイスしてお裾分けしております。



雑誌も結構出てましたね。

アンアンとか韓流ぴあとか。

本買ってないですけど。でも読めました。

立ち読み?ハズレー。

なぜかは教えません。

「東方神起を使う雑誌は売り切れる伝説」が見たいので、みなさんはちゃんと買ってください。

ちなみにマミーは買いました。




あと、Begin Again。

ベスト盤は買わない主義なんですが、復活祝いのつもりで買いました。

Boleroがよかったですね。

過去曲だったりチャンミンがお友達と歌ったりしましたが。

好みは人それぞれですが、やっぱり大半のトンペンさんが「ユノとチャンミンのBoleroが一番!」みたいですね。

そりゃそうです。

彼氏が自分のために歌ってくれたのが一番、てのと一緒でしょ?

女心は持ち合わせてませんが、それくらいはわかります。

ま、アタシは圧倒的な「これだ!感」を感じましたけども。




さてさて。




話題は前後しますが、そしてMステ。




毎週末はほぼ家にいないんですが、その日の予定は全てキャンセルし、家飲みにして待機。

仲間たちとうどんすきしながら視聴いたしました。



いい大人になってもツルんでるんだなと思ってらっしゃる方がいるようですが、実は男連中は同業種の会社の2代目が多くて、仕事上の付き合いがずっと続いてるんですよ。

ここで登場するタケルやまっちゃんも、お父さんの後を継いでる「ちゃんとした」社会人です。

いつもコケにしてるのでたまにはフォロー入れときますね。




で、この日。


放送開始前にはもうすでに出来上がってて、くっだらない話で盛り上がってたんですが。

登場の時ユノがタモさんに「ご無沙汰しております」って挨拶した時まっちゃんが言いました。




「おいおいおい、日本人もびっくりやな。俺でも「ご無沙汰しております」なんか生まれて3回くらしかゆーたことないぞ」

「俺はおまえが3回しかゆーたことないことにびっくりや」




タケル氏のツッコミいただきました。





それからしばらくは番組見ながら「懐かしいなー」を連呼してたんですけど。





トンペンさんのほとんどがごらんになったであろう完全体後初のうぇ。







これ見て、同じように感じた方もたくさんいらっしゃると思いますが。

今までのうぇとは明らかに違う「余裕の笑み」がありましたよね。

ツイでは「貫禄が出た」「大人になった」「男らしさが増した」「肩の力が抜けて余裕が出た」などの意見がたくさん見られました。

アタシも似たようなことを感じました。



「なんか余裕やん。ブランクなんか全然感じんなぁ」

そういったアタシに、タケルくんは言いました。



「やましいことないからちゃう?」

これ聞いただけじゃ「え?」と思いますが、続きがあります。




「悪いことしてないって意味やなくて、2年間ちゃんと生きたってゆーか、やることやったから堂々としてるんちゃうかな」

タケルくんは日本語がカタコトなのですいません。つまり




「上手いこと言えんけど、練習したとかじゃなくて、胸張れる2年間やったんやと思うで。しっかりやらなあかんことを全力でやったとか、その間もファンのことをちゃんと考えてたとか。誰にも文句言われることないって自信みたいなもんがないと、男って2年もブランクあってこんな顔でけんと思う」




その言葉に、思い出した事があるのですが。

ダンスチームを解散して数年後に、メンバーの一人が結婚することになりまして。

披露宴の二次会で、花婿交えてちょこっとみんなが踊ったんです。



誰もが数年、全くと言っていいほど踊ってませんでした。

なのに、その時のやつらがえらくカッコよく見えたんです。

言われてみればそれは単純に「大人になった」からではなく、それぞれが仕事を頑張りながら精一杯生きてる「自信」からだったのかもしれないなと。



もちろんやつらが(不覚にも)カッコよく見えた理由と、ユノとチャンミンから感じられた余裕が同じかどうかはわかりません。

でも少なくともこの2年間、ファンのことを考えていたという結果はもう出てるんじゃないかとアタシは思うんです。





みなさんも完全体後の二人を見て、いろいろ感じたことがあると思います。

アタシは改めて、ひねくれたり穿って見たりせずに真っ直ぐな目で見ていこうと思いました。



なんつって。

かっこいいことほざきましたが。

まっちゃんはベロベロで「東方神起の歌は何回聴いても覚えられへん!」てわめいてましたし。

タケルはうどんすきにキムチぶち込んでみんなをどん引きさせてましたし。

セリフにだまされちゃいけませんよ?ただのアホですから。




と、いうことで。

ここで本題は終わりです。

ここからは冒頭に書きました、某コメントさんへのお返事になります。

コメントの内容は、トンペンさんたちのいざこざについて書いた前回の記事に関する「りこねぇの立ち位置」について言及したものになります。

もうその話はご勘弁を、と言う方はここで回れ右して、平和なままで終わってください。

では以下、お返事になります。




今回は、こういうふうにアタシのことを思ってる方が他にもいるのかな?と思ったのであえて公開することにしました。

鍵コメ無記名メアドなしなのでご本人にお返事できませんしね。

前回の記事を読んでらっしゃらない方は意味がわからないと思うので読んでからでお願いします。

くれぐれも言っておきますが、討論するつもりは全くなくてただのお返事です。





>りこねぇさんのようにファンにひとこと物申してやろうみたいな正義感の強い方


ごめんなさい。
アタシ、物申してやろうってつもりは全くないし正義感もないです。
単に自分の考え言ってるだけのつもりなんですが、男っぽいのでキツく思われたかもしれないですね。
勘違いさせてすいません。



>物申すならフラットな目線で公平に物申して頂けたらなと思います

>悪口言われて言い返した方だけが悪いんでしょうか?
>悪口を言う方は悪くないですか?
>ケンカ両成敗なのでは?


そして。



>ユノに対しては何を言ってもいいという風潮を作りだすのはやめていただけたらと思いコメントさせていただきました。



この最後の1行、ビックリして2度見しました。
どうやらアタシが「ユノの悪口を言う悪質チャミオンリ」?と呼ばれる方々を擁護したと勘違いされたみたいですが。


読んでくださってる方を巻き込んで申し訳ないんですけど、他にもこんなふうに勘違いされた方いらっしゃるんでしょうか?
もしそうだとしたらホントすいません。


うちは結構常連さんが多いので、みんなアタシがどんなやつかわかってくれてると思って甘えてたんでしょうね。
言葉が足りなかったと反省しております。


で、お返事としましては


アタシはブログやってるだけの「ただの一般人」です。
芸能人でも公式でもありません。
そして、知名度があるわけでも影響力があるわけでもないんです。
なので、あまり厳しくされたり求められたりしても困る以外にできることがありません。


アタシの考えは、ケンカ両成敗同感です。
どっちが先とかではなく、言い返した時点でお互い様。
まぁ、言い返さなきゃ勝ちなのに、とは思いますけど。

そしてケンカしてることに関してとやかく言ってる訳じゃなくて


ユノやチャンミンは関係ないから二人の悪口を言うな、って言ってるだけです。


お互いのことでケンカすりゃいいじゃないですか。
なんでそこにユノやチャンミンの悪口を絡めるんですかって話ですよ。


前に見かけた悪質チャミオンリさん(この言葉好きじゃないけど)に対する反論のツイを例にあげますと



「ホント、なんでも悪くとって皮肉しか言わない。推しが推しだからペンもそっくり」



こういうやつですよ。
アタシのタイムラインが一時、こういうツイだのリツイだのばっかで溢れてたんです。
なので前回の記事になったわけです。


アタシはケンカしてる方を否定も肯定もしませんし、どんなカテゴリの方でもうちの出入りは自由です。
ただ、ユノとチャンミンの悪口は見たくないのでツイではミュート、ここでは他のペンさん方の平穏維持のため書き込み禁止です。



これ、昔から一貫して言ってる事なんで、みんなわかってくれてると勘違いしてたんですよね。
これ以上の説明は不可能ですので、納得いかなくても勘弁してください。






アタシね、このブログをやってるのはユノへの愛を叫びたいからじゃなくて←叫んでないけど

トンペンさんが好きだからなんですよ。

つまりトンペンペンです。


SOMETHINGのカムバで、みんなで結束して日本から一位取らせたあのカッコよさ。

二人のちょっとしたことで号泣し、一喜一憂する自分の姿を面白おかしく表現するそのセンス。

そして東方神起への愛あるいじりww

そんなとこを見てて微笑ましく思うわけですよ。


そうやって続けてきたこのブログの平穏を守りたいと思いながら、もうネタ切れで語り尽くしちゃった感もあったり。

なんかね、同じ事ばっか言ってるなと思うわけですよ。

なのでビギアゲツアーのレビューをキリに、このブログの区切りをつけようかなと思っております。




それでは本日はこのへんで。

長々とお付き合いくださりありがとうございました。


ではでは(。´・∀・)ノ゙

小説はこちらで更新「Novel of TVXQ

2017-10-29 : 2人の話 : コメント : 21 : トラックバック : 0
Pagetop

アタシが思ったこと

みなさんこんばんは


今日はアホなネタがあったんでそれを更新しようかと思ってたんですが。

ユノの軍のイベントを追ってて、大騒ぎになってるのを目にしましたので、それについてアタシなりに思ったことを少しだけ。





















冷たく無視をするユノを見なくて済んでよかった。







行儀の悪いファンを無視するのとはわけが違うじゃないですか。


ユノを思うトンペンさんたちの気持ちを考えたら、ごめんなさいとしか言えませんけど。


アタシの中のユノはそういう人で、でもユノも人間なんだからあまり期待しすぎてはいけないと思っていたんですけど。


やっぱりユノは思ってた通りの人なのかもしれない。


誰も恨まないなんて、そんなの普通じゃ考えられないのに。


ユノはホントにそれができる人なのかもしれない、そう思いました。











と、アタシが勝手に思っただけです。




小説はこちらで更新「Novel of TVXQ

2015-10-03 : ユノの話 : コメント : 10 : トラックバック : 0
Pagetop

今更ですが、champagneのMV見ました。

みなさんこんばんは(*`・ω・)ゞ


前髪をバッサリ切ったりこねぇです。



失恋したわけではないですよ。

聞かれる前に言っときます。






それはいいとして。





まずは近況ですが。


ドキュメンタリー3、ユノソロCD、会報、Rise As God、Gyao、JIJIPRESS、THE GOLD MISSION、ユノからのメッセージ、ChampagneのMVはクリアしてます。





言っていいですか?





盛りだくさんすぎて、ユノが入隊した実感が全くありません(--;)


この上ユノやチャンミンのドラマもあるわけでしょ?


アタシは見てませんが、それでも情報についてくのがやっとなんです。

下手したら入隊前のがユノ不足だったくらいなんですけど、アタシだけですか?



まだまだウィズコンDVDとI AMもありますしね。

夏は楽勝で乗り切れそうです。




なんせここんとこ休日もバタバタしてましてね。




少し前のことなんですが、いきなり「ダッシュ村に行こか」って誘われまして。

嬉しがってついてったら「合掌村」だったって言うね…。









世界遺産らしいんですが、合掌造りの古い家屋を残した村で、今でも人が住んでるから普通に洗濯物干してあったりしました←そこ?


後は、友達の引越を3日間泊まり込みで手伝ったり。

発作(断捨離)を起こしていらないものを捨てまくったり。


普段忙しいとかゆっといて、休みの日くらいじっとしたらどうなんですかねアタシ(--;)








さて。



ここからいつも通り今更なネタですが、みなさんからChampagneの感想を聞かれてまして。


ユノソロMV第2弾になるこの曲ですが、振付のイメージは、アタシ的にはチャールストンかな?





ダンスのステップって、これはヒップホップ、これはジャズダンスとかって境界線がないので一概に振付を一つのカテゴリに当てはめるのって難しいんですけどね。

なので見る人によっては違うジャンルだという意見もあると思います。

実際、ヒップポップでもチャールストンステップ入れたりしますし。

ま、言ったモン勝ちですねww

そもそもチャールストンの曲ってもっと軽くて明るい感じなんですけど、足使いのイメージでアタシはそう感じました。



このchampagne、あまり踊ってないのでMVに関して言えばダンスとしての感想はあまりありません。

アンコンでBANGから差し替えになった際の動画は見ましたが、どちらかと言うと小難しいことは抜きにしていろんな顔を見せてくれるユノを楽しむのが一番かなと。


なので今回は久々に見所をキャプってみました。

実はiPad Air2が思いのほかキャプりやすかったので、遊びがてらに撮ったやつを並べます。




若旦那ーーーー!



腰がクイっとね。



こんなホストいたら通ってもいい。



海の家にこんな店員いたら水着になってもいい←ならなくてもいい



タレ目メイクで油断させといて。



今回もやりますスケベんホ。



本気出す直前からのーー



はい来たーーーーー!



からの通常運転。



綺麗な横顔で終了。





と、ここで、最初らへんをちゃんと見れてないのでリピートします。






































え。










まさかの赤ちゃんプレイ。








ユンホくん、とうとう開けてはいけない扉を開けてしまったんだなとか最初は混乱しましたが。


見慣れてからは、魔法びん並みにデカい哺乳瓶の中身が、チョコレートドリンクとかじゃなければそれでいいかなって。




立派なユノペンになったもんだと自画自賛。






そうそう。


このMVをね、iPad持ってってWi-Fiの繋がるカフェでマミーに見せたら、デッカい声で仰け反って笑ってました。

大失敗です。



実はマミー、ユノの兵役に凹んでましてね。

ここのところCDしか出てないから寂しかったみたいで、champagneのMVやゴールドミッション見せたら大喜びしてました。



この2年間は、マミーに餌(ユノ)やるのが大変そうです。






と、こんな感じで今更ユノソロの話題をやってる状態なので、小説はちょっと待ってくださいね^^;


お盆には1話くらい上げたいと思ってます。





とゆーことで。


本日も最後までお付き合いくださりありがとうございました(⑉^ ^⑉)



毎日暑いですが、みなさん体調にはくれぐれもお気をつけください。



ではでは(´∀`*)ノシ

小説はこちらで更新「Novel of TVXQ

2015-08-02 : ユノの話 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

タケルくんからユンホへ

みなさんこんばんは(*`・ω・)ゞ



今日は、アタシがしんみりとユノへの愛を語る。









という展開は期待しないでください。

人間には向き不向きがありますので。





仲良くしていただいてるユノペンさんから、今回の更新は暗めじゃないと許されないんじゃないかと助言がありましたが。


アタシの返事は












え。無理。









なので今回も、いつもどおりのテンションで参ります。













ユノが入隊しましたね。





そしてユノを追うようにチャンミンももうすぐ入隊。



2人を待つ時間はおよそ2年。

そしてアタシが東方神起を知ってから今日までがおよそ2年。




つまり、ここで折り返してあの頃に戻ればまた二人に会える、ということかと。




そう思えば、アタシ的にはあっという間ですよ。


だって本当に、それくらい短く感じる2年間だったんです。



プライベートの忙しさを縫って、必死で参戦したライブが7回。

ファンミにリリイベ、そしてライビュ。




たいしてテンション高くもない奴が14回ですよ。



たった2年でこれだけ会えたのは、それだけ二人が会いに来てくれたということ。



帰ってくるからと約束を残してくれたユノと、一人のアーティストであることより「2人の東方神起」を貫くためにユノと同時期入隊を決めたチャンミン。



今でもまだ「こんな子ホントにいるから凄いわ」なんて思っちゃいます。



アタシ、ドラマ好きじゃないんです。

でもこの二人を追うのは、ドラマよりハマりました。



それこそ、下手くそな小説でも書いてみたくなるほどに。



ただひたすら、東方神起としてステージに立ち続けようとするユノ。


葛藤の末、ステージに自分の居場所を見つけたチャンミン。


選んだわけじゃなく、選ばれたわけでもなく、ただ残ったというだけの存在から、「二人で完全体」と言えるまでになった二人の軌跡。



あ、すいません。

なんか小説のあらすじみたいになっちゃいましたけど。



本当に小説を超える感動の連続ですよね。




そして今、チャンミンが入隊したら東方神起ストーリーのシーズン1が終了、といったところでしょうか。




アタシはこれからの2年間を、まだ見ていないDVDを蔵出ししながら、仲間と東方神起について語って過ごします。



今までと同じですね。

そうやってるうちにきっと、元気な姿で帰って来てくれます。






そうそう。

ここで少しだけ、コメントさんからの質問をはさみたいと思います。






ユノの兵役が決まりましたね。
それで、ユノのダンスは2年で
失われたりしないですか?
以前、韓国のb系のダンサーさんが、
ダンサーで兵役に行くのは死活問題
だった言ってました。
2年後に、決起スキルが戻せなくて
消えていく人が多いって。

ユノのダンス(それ以外も)は、
私にとって宝物です。
失われるのが不安で堪りません。





ですが。



これについては、残念ながらアタシは答えるほど偉そうに言える立場でもないんです。


なのでいつもどおりタケルくんに聞きました。




タケルはプロだったわけじゃないですけど、遊びの域は超えてました。

やつのキャリア書くのはめんどくさいので端折りますが。


以下がタケルからの答えです。





「2年ダンスから離れると、踊れんようになったりするんかな?」

「それはないわ。チャリンコも1回乗れるようになったら何年経っても体が覚えてるやろ?それと一緒」

「だったら下手になることはない?」

「アホか。練習せな下手になるわいな。下手にはなるけど、リセットされることはない。だから勘を取り戻したらええねん。2年くらいなら楽勝や」

「兵役でスキルを取り戻せんと消えて行く人多いらしいで?」

「取り戻せるかどうかは踊った量によるやろ。ユンホがこれまでどれだけ踊って来たと思う?」


もちろん、10数年間ですから相当な量ですよね。

しかも、誰よりも努力したユノなら尚更。


「じゃあ大丈夫かな」

「ユンホは頑張り屋さんやから大丈夫や。待たせた責任は取るんちゃうか」


そう言ってタケルくんは笑いました。


うまい棒かじりながら。









そして、ここから余談です。



「ただな、18が20歳になるんとは訳が違うからな。年齢は仕方ない」

「そんなに違う?」

「20歳前後の体力ナメたらあかんで。2徹しても遊びに行けるんやから。あの頃の僕は不死身やった」

「今は9時に寝てる時あるやん。えらい違いやな」

「最近仕事忙しいからお昼寝でけへんねんもん」

「…保育園児か」





こんなふうにいつもどおりグダグダ言ってる間に、2年が過ぎることでしょう。


このブログも、ネタがある時はボチボチ更新続けようと思います。


そろそろ小説の方も再開しようかなと思ってますし。


何度かブログを閉鎖しようかと考えたりもしたんですが、気長に待ってくれてらっしゃる方もいますし。


今までどおり更新したら、ツイでお知らせします。



相変わらず内容がグダグダですが、以上をもって「完全体の東方神起を待ちます宣言」とさせていただきます。




とゆーことで、本日も最後までお付き合いくださりありがとうございました(⑉^ ^⑉)






ではでは(´∀`*)ノシ

小説はこちらで更新「Novel of TVXQ

2015-07-22 : 2人の話 : コメント : 9 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

りこねぇ

Author:りこねぇ
昔、道端で踊ってましたね。あ、そうそう、バンドもやってました。ユノのダンスとチャンミンのハイトーンボイスが好きです。あと、東方神起の動画作るのにハマってます。

NewRelease

自作動画

YouTubeにアップしている動画です。よかったら見てやってください。
ユノに大好きな曲を踊ってもらいました。本当にユノが歌いながら踊っているカンジにしたかったんですがどうでしょう^^;

Special Thanks

Mail




記事ナビ2 新着+関連エントリー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR