ユノペン時々チャミペン。つまりトンペン。東方神起を応援するRed Oceanの一粒。

東方神起のユノとチャンミンを応援するブログです

俺と僕の距離 4

東方神起 ユノ チャンミン

SIDE:YUNHO

今日のチャンミンはテンションが高い。

適当に入ったパブの個室で、チャンミンはテーブルに上半身を寝そべらせて、最近あった話を聞かせてくれる。

「でさー、ホドンヒョンがユノヤに言いつけるぞー、ってゆーから、それだけはやめてくださいって土下座したんだー」
「なんだよそれ。俺のことなんか怖くねーくせに」
「怖くない、ことはない」
「嘘つけ。いつも好き放題ゆってんじゃねーか」

呆れたように俺が言ったら

「嫌なのかー」

って不貞腐れた。

「嫌じゃねーよっ。もーおまえ飲み過ぎ」

チャンミンは俺と飲む時、早い者勝ちだって言って必ず先に酔っ払う。
で、酔っ払うと昔のチャンミンに戻るんだ。

最近じゃ俺よりしっかりしてて立場が逆転してしまったから、叱られるのも構ってもらうのも俺だけど。
こうなったチャンミンは、すっかりマンネに戻って俺に甘えまくる。

それは2歳の年の差が、今より大きかった頃のように。

「僕はー、僕だけがユノに好き放題言うのがいーんだ。僕以外は駄目」
「なんだそりゃ」
「そんな奴はぁ、抹殺する」
「こえーよバカ」

駄目だ、目がすわってきてる。

「僕はぁ、本気だ!…ふふふ」
「おっかねーなっ。ほらっ、もー帰るぞっ」

もう少し可愛いチャンミンを見ていたいとこだけど、こいつ、明日は別の撮影が入ってるはずだ。

このへんにさせとかないとマズいはず。

「えー?もう?」
「おまえ、明日撮影だろ?送ってやるから。な?」

小さい子に言い聞かせるように言ったら

「じゃあ、僕んちきて」

そう言って唇を尖らせた。

「いや俺、明日朝から打ち合わせなんだよ」
「ユノはー、可愛い弟のお願いを聞いてくれないのかー」

駄目だ。
こーなったチャンミンは何を言っても聞きゃしない。

「わーかったわっ!行くから立て!歩け!」
「えー、どっちかにして。いっぺんにできない」
「まず立て!そして歩け!」
「おっけーぃ♪」

ご機嫌さんで立ち上がったチャンミンはヨロヨロしてて、危なっかしいから俺は肩を組んで抱えるように店を出た。



「もー駄目だぁ、無理っ」

玄関に入るなりチャンミンは、上がりもせずに寝転がり、大の字になってしまった。

「こらぁ、せめてベッドまで歩けってー」
「ユノー、脱がせて」

そう言って細長い右足をピコンと上げる。

「ったく!」

俺はチャンミンの足から靴をもぎ取って、玄関に放り投げた。

「靴は揃えろー」

酔ってるクセにこまけーなっ!

「はいはいはいはい!」

邪魔臭そうに靴を揃えながら、チャンミンがここまで酔うのは久しぶりだなと思う。

そして大抵、理由があるんだ。

「ほら、立てよ」

そう言って振り返ったら

「立たせて」

両腕を上げてプラプラさせた。

「アホか。おまえのがでけーのに無理だろ」
「でも僕のが軽い」

なんだと?!

「そこで寝ろ」

無視して中に入ろうとしたら

「いやだぁ」

踏み出した俺の足にしがみつきやがった。

コケるわ!

「あっぶねーなっ!ほらっ、手貸せっ」

結局俺はチャンミンの腕を掴むと、引っ張り上げて立たせた。



立たせたもののふざけて歩こうとしないから、仕方なく背負って無理やりベッドに運んだ。

放り投げてやろうと思ったら俺の首に回した手を離そうとしなくて、しょうがないから一緒に倒れこむ。

そしたらチャンミンはベッドの上でモソモソ動いて、俺の脇腹に抱きついておとなしくなった。

こら、足まで乗っけるな。
重てーな。

ってゆーか、なんで俺まで寝てんだ。
まぁいいや。起きてからシャワー借りればいいか。

いつも丸くなって寝る俺には、大の字は寝づらいはずなのに。

しばらくしたらなぜか意識がフワフワしてきて、乗っかった重みも心地よくなってきて。

あ、チャンミンがいるからか、と思った。

「ユノぉ、僕いなくて寂しい?」

俺の脇腹に顔を押し付けて、チャンミンが聞く。

「もー慣れたよ」

眠りに落ちかけた意識の中で、俺が答える。

「寂しかった?」

確かめるように。
顔を埋めてくぐもった声が、不安げに聞こえた。

「忘れた。もー寝ろ」

あやすように背中をトントンしてやると、チャンミンが俺の脇腹に顔を押し付けて顔をフルフルさせた。

脇腹でそれすんな。
くすぐってーわ。

「僕はぁ、結構寂しい。いつもじゃないけど」

そう言ってチャンミンの手が、俺のシャツをギュっと握り締めた。

なにゆってんだよ。
出てったのはおまえの方だろ?と思う。

でもわかってる。
それはチャンミンが、ちゃんと考えて出した答えなんだって。

東方神起を守るために。
そして俺と離れないために、離れた。

言葉にすると変だけど、そういうことなんだ。

チャンミンは頭がいい。
だからチャンミンが出した答えは間違っていない。

「結構ってなんだよ。俺がいなくてせいせいしてんじゃねーのか」

自分の出した答えが不安になったのか?
そう思ったから、わざとなんでもないみたいに皮肉っぽく答えた。

「そのはずだったのに、想定外だ」
「なんだそれ」
「こんなはずじゃなかったのにー!」

悔しそうに言って、チャンミンが手足をジタバタさせる。

「こらっ、デカい図体して暴れんなっ」
「僕の有り難みを思い知れっ」

そう言って振り下ろしたチャンミンの手が腹を殴ったから痛くて、俺はその手を掴んで高く上げた。

「もー散々思い知ったって!おまえが出てってから自分ちなのにちっとも落ち着きゃしねー!やっと最近慣れてきたんだよ!これで満足か?!」

そのまま顔を覗き込んでやろうとしたら、俺の手から腕を引き抜いてまた脇腹におさまった。

「うん。だったらいい」

いいのか。そうか。じゃあもう寝ろ。

俺は言葉の代わりに、チャンミンの肩を抱き寄せた。

あったけー。

「ユノぉ、僕より先に結婚しないで。僕がしてからにして」
「なんでだよ」
「寂しいから」

なんだそれ。
結局それを俺にわからせたかったのか?

僕も寂しいんだ、って。

「んな余裕ねーし」

今頃かよ。
俺なんか、おまえが出てったその日から寂しかったわ。

「そっか。だったら、もうしばらく僕で、我慢、して…」

最後の方は声が小さくなって、そのまま寝息に変わった。

こいつも辛かったんだな、と思う。
俺は結局、チャンミンに答えを出させたから。
そうやって、いつも損な役ばっかりやらせちまってるのはわかってるんだよ。

ごめんな、頼りない兄貴で。

おまえの出した答え、俺が間違いなんかにしないから。

これでよかったんだと、おまえが思えるように。
おまえの選んだ俺とおまえの距離で、今まで以上に上手くやっていこう。

「我慢なんかしてねーし」

寝息を立てるチャンミンに言う。
俺はおまえといることに、我慢なんか感じたことないんだよって。

いちいち言葉にしなくても、ちゃんと伝わってるよな?チャンミン。





小説の目次はこちら
INDEX


小説はこちらで更新「Novel of TVXQ

2014-05-28 : 俺と僕の距離 : コメント : 6 : トラックバック : 0
Pagetop

俺と僕の距離 3

東方神起 ユノ チャンミン

SIDE:CHANGMIN

今日の飲み会の面子は、キュヒョンと後輩。
といってもキュヒョンの同郷の練習生らしくて僕は初対面だけど。
収録が終わってからその3人で、僕が決めた居酒屋の個室に集まった。

「こんないい店、よく知ってたな」

感心したようにキュヒョンが言う。
実は僕もこんなおしゃれな店だとは知らなかった。

なんたってネットで探して予約しただけで、実際に店に来るのは初めてなんだ。

正直言っておしゃれかどうかより、場所が僕には重要だったから。

ま、それは僕だけの都合だし。
みんなには言わないけど。

と、思ったら。

「ここならユノヒョンの現場にも近いしな」

キュヒョンにさらっと言い当てられてビックリした。
そしてビックリしてる俺にキュヒョンが笑う。

「いや、今朝ドンヘヒョンから聞いてたからさ。昨日ユノヒョンと一緒に飲んでたらしくて、ユノヒョンがこの近くのスタジオで撮影するって言ってたって」

昨日はドンヘヒョンとね。
僕は知らなくてキュヒョンは知ってるわけだ。

…わかってるけど。僕のせいだし。
ユノは僕が出て行ったのは、自分のせいだと思ってるから。

ユノといるのが辛くなったのは確かだけど。
それはユノを嫌いになったからじゃなくて僕自身の問題なんだって何度も言ったのに。

ユノは何も言わないけど、自分を責めてるのは一緒にいればわかる。
今じゃ僕に遠慮して、自分から連絡を取ったり誘ったりは滅多にしなくなった。

離れている時は特に。

そうだよな、逆の立場なら僕もそうなる。
それどころか、ユノだからこそ僕はユノの隣にいるまま、自由にさせてもらえてるんだ。

だから僕が誤解を解かなきゃいけない。
信じてもらわなきゃいけない。

わかってるのに僕は…。




「チャーンミンっ!」

大声で呼ばれて肩をバシンと叩かれた。

「いたっ!」
「どうせまたユノヒョンのこと考えてんだろ?」

キュヒョンに言われて

「…うん」

僕は素直に認めた。
キュヒョンは親友だから、何でも話してある。
だからユノに言えてないいろんなこともわかってくれてる。

「相変わらずブラコンだな」
「いいんだよブラコンで」
「誰も悪いって言ってないだろ?」

僕たちのそんなやりとりを、キュヒョンの横にいる後輩が聞いていた。
興味津々って顔だ。

まだあどけなさが残る顔立ち。デビューしたての僕くらいか?

「チャンミン、実はこいつ、カシオペアだったらしいんだ」

そう言って後輩の肩に手を置いた。

「え?そうなの?」

どうりで身を乗り出して僕を見てるわけだ。

そんな彼に、僕は言った。

「君はユノのファンだろ?」
「は、はい。なんでわかったんですか?」

この世の女顔は、全員ユノペンだと僕は思ってる。そしてこの子は間違いなく女顔だ。
仕草も雰囲気も、ホントの女の子よりよっぽど可愛い。

テミンにカラム、ソンミニヒョンにヒチョルヒョン。
そして、今はいないあの人。
女顔は必ずユノにくっつきたがる。

これはもう鉄板と言っていい。
ユノの男らしさがそうさせるんだろうけど。

「あの…まだ僕、ユノさんとお会いしたことないんです。どんな方ですか?」
「君の知ってる通りだよ。カッコよくてダンスが上手い神様みたいな人。そして、僕の相棒」

最後の言葉に、室内が静かになった。
言いたいことはわかるな?

ユノに無駄に絡むな。OK?

「チ、チャンミーンっ」

なぜかキュヒョンが慌てた。声が上ずっている。

「おまえ目が笑ってないぞぉ。ビーム出すなよ頼むから」

出すなと言われても、そんなモン最初から出ないんだけど。
キュヒョンが続けた。

「で、おまえはこれからどうすんの?さっきからちっとも食べてないけど、わざとだろ?」

…相変わらずツッコミが鋭い。

実はそろそろユノの撮影が終わる時間だったりする。
ユノについてるマネヒョンに確認したから確かだ。
だからユノのいるスタジオの近くの店を選んだ。

なのに僕はまだ、ユノと連絡を取っていない。
もしかしたら予定が早まって、もう終わって引き上げたかもしれない。

煮え切らない僕を察したのか、キュヒョンが言った。

「ドンヘヒョンが言ってたよ。ユノヒョンはチャンミンのことばっか話してたって。チャンミンは努力家だ、ダンスが上手くなった、チャンミンは頭がいい。チャンミンがいなかったら自分はここまでやってこれなかったって」
「…」
「本人に言ったら?ってドンヘヒョンが言ったら、照れくさいって。可愛いね、ユノヒョン」
「あーっ、もうっ!」

限界だ。
何にって、素直じゃない自分に。

こういう時、どうするべきか本当は知ってるんだ。

僕は尻のポケットからスマホを取り出し、ユノにかけた。

「もしもし、ユノ?まだ仕事?…ご飯食べたのかなと思って…今飲んでるけど、まだ食べてないから…ユノと食べようと思って我慢してるんだけど。あーお腹すいたなーマジ腹減った、もう死ぬ…いや、いいよ。僕も出るから下で待ってて」

これでよし。
よかった。もう少し遅かったら手遅れだった。

「もうちょい素直に誘えないのか?」

呆れたように横で聞いてたキュヒョンが言った。

「いいんだこれで」
「結局チャンミンが駄々こねただけじゃん」
「だからそれでいいんだって。じゃないとユノは遠慮して絶対首を縦に振らないから」
「なるほどねー、さすがチャンミン」

当たり前だ。何年ユノといると思ってるんだ。
ユノのことならユノ自身より僕の方がわかってる。

さて、と立ち上がった時。

僕とキュヒョンのやり取りを聞いたのか、女顔の後輩がこともあろうにこう言った。

「ユノヒョンが来るんですか?」

誰が呼ぶかっ!
軽く睨み付けたら

「ひっ!」

恐怖に顔をひきつらせ固まった。
邪魔だ、そこで石になってろ。

「行ってくる。悪いなキュヒョナ」
「いいよ、今度おごって」
「OK」

ようやくスッキリして、僕は軽い足取りで店を出た。




小説の目次はこちら
INDEX


小説はこちらで更新「Novel of TVXQ

2014-05-27 : 俺と僕の距離 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

俺と僕の距離 2

東方神起 ユノ チャンミン


SIDE:CHANGMIN

ユノとしばらく会ってない。

普通の友達なら当たり前のブランクなのに、一緒に暮らした時間が長すぎて、数日合わないと落ち着かなくなる。

一緒にいたらいたで手がかかるし。
何をするにも自由過ぎてフォローも大変だし。

なのにこうしてソロ活動で会わない日が続くと、数日後には気になり始め、それを過ぎるとイライラしてくる。

ユノは僕がどうしてるのか気にならないのか?!

「だったらメールでも電話でもすればいいだろ?」

と、呆れ口調でマネヒョンが言った。

「僕からはイヤだ」

そう。

以前なら僕がこんなこと感じる前にうるさいくらい連絡がきたんだ。

仕事は上手くやってるか?
辛い思いしてないか?

それを僕は内心ホッとしながらも、鬱陶しそうに心配し過ぎだと答えた。

それが最近じゃどうだ?!

連絡どころか、人づてに友達と楽しそうに毎日飲みに出かけてる話を聞いたりする。

飲めないくせに。

気疲れするくせに。

ユノは寂しがり屋だ。
だからどんな僅かな時間でも、誰かと会ったり電話で話したりして寂しいと感じる暇を自分に与えない。

でも結局は自分が楽しむより、人が楽しむのを優先するから気疲れするんだ。

一緒に住んでた頃は、誰にも会わずに家に帰っても僕がいた。

僕といる時のユノは案外喋らない。
ただ黙って一緒にDVDを見たり、同じ空間にいて別のことをしたり。

ユノにはそんな時間が必要だったし、居心地が良かったはずだ。

今になって思えば、僕もそうだったのかなと思わなくもない。

認めたくはないけど。

出て行ったのは僕なのに、時間が経つごとに僕の方がじわじわダメージを受けているような気がする。

ホントむかつく。
そんな自分にも、僕がいなくても平気になってしまったユノにも。

クソっ。

撮影現場の隅で休憩しながら、長机の上にスマホを放り投げる。

その途端、画面が明るくなってメールの着信を知らせた。

『舞台王』

ユノからだ。

「コホン」と意味もなく咳払いして、ゆっくりスマホを手に取り内容を確認する。

『今日仕事が終わってから予定ある?』

たったそれだけ。

後輩たちなら「暇です!遊びに連れてってくれるんですか?」と返して「じゃあ飯でも食いに行くか?」と展開するパターンだ。

なのに僕は

『キュヒョンと飲みに行く約束してるけど、どうしたの?』

嘘じゃない。
本当にキュヒョンと飲みに行く約束をしてるんだ。

でも断れた。
キュヒョンなら、ユノから誘われたと言えば、じゃあまた今度とあっさり引いてくれるのはわかってるのに。

ユノからの連絡を待ってたみたいで、言えなかった。

以前のユノなら「なんだよー、せっかく一緒に飯食いに行こうと思ってたのにー」と拗ねたセリフが返ってきたはずなのに。

『別になんでもな~い。聞いてみただけ~。仕事頑張れよ』

なんだそれっ?!
なんでもないわけないだろ?!

まったく素直じゃない!

…いや、素直じゃないのは僕だ。
そしてユノにそう言わせてるのも僕だ。

「はぁ…」

つい溜息が漏れた。

そんな僕をマネヒョンが振り返る。

「ユノが何を言っても何をしても、全部チャンミンのためを考えてのことだ。わかってるんだろ?」
「…うん。わかってる」

マネヒョンは僕の様子だけでそんな事を言う。
凄いな、と感心すると同時に感謝もする。

そうだ。例え欲しい言葉が返らなくても、ユノなりに僕を思ってのセリフなんだ。

スタッフに呼ばれて出番をこなす。

そして次の休憩で僕は、ユノについてるマネージャーに電話して、ユノの居場所と仕事が終わる時間を聞いた。




小説の目次はこちら
INDEX


小説はこちらで更新「Novel of TVXQ

2014-05-25 : 俺と僕の距離 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

俺と僕の距離 1

東方神起 ユノ チャンミン

SIDE:YUNHO

今日は俺1人で雑誌の撮影。

別々に暮らし始めてから、個人活動だけの日はチャンミンと顔を合わすことがなくなった。
チャンミンもレギュラーのバラエティ番組とかが続いていて、忙しくしているらしい 。

マネージャーが言った。

「ユノ、今日の撮影は19時頃に終わる予定だ。早く終わる日くらいはゆっくりしろよ」

言われて、浮かんだのはチャンミンの顔。

そう言えばいつから会ってなかったっけ?と考えた。

東方神起の活動が始まればまた嫌でも毎日顔を合わせるのに、一緒に暮らした時間が長いせいか少し会わない日が続くと落ち着かない。

俺だけかもしれないけど。

俺はスマホを取り出して、チャンミンにメールを送った。

『今日仕事が終わってから予定ある?』

返事はすぐに返ってきた。

『キュヒョンと飲みに行く約束してるけど、どうしたの?』

そっか。そうだよな。

『別になんでもな〜い。聞いてみただけ〜。仕事頑張れよ』

慣れない絵文字をつけて、明るめに返信して終了。

ここんとこいろんな友達と飯食いに行ったりしてたけど、今日はなんとなくチャンミンがよかった。

でも約束があるなら仕方ない。
たまには家でゆっくりDVDでも見るとするか。



そして撮影は順調に進んで、予定通りの時間に終わった。

スタッフとも挨拶を済ませ、さて家に帰ろうと思った時にスマホが鳴った。

チャンミンからだ。

「もしもし?」
『まだ仕事?』
「いや、今終わった。どうした?」
『ご飯食べたのかなと思って』
「え?おまえキュヒョンと飲みに行くんだろ?」
『今飲んでるけど、まだ食べてないから』
「なんだよそれ。食べればいいじゃん」
『ユノと食べようと思って我慢してるんだけど。あーお腹すいたなー』

マジ腹減った、もう死ぬ、と大袈裟にまくし立てる。

「あーわかったわかった。どこにいるんだよ?」
『そこの近くの居酒屋』
「俺、もう出れるよ?そっち行こうか?」
『いや、いいよ。僕も出るから下で待ってて』
「わかった」

スマホを切ってからふと、なんで俺の居場所を知ってるんだ?と首を傾げる。

そんな俺にマネージャーが言った。

「チャンミンからだろ?」
「うん。なんでわかった?」
「二時間くらい前にチャンミンから電話があって、ユノの居場所と終わる時間聞いてきたから」

あ、あのメールで、俺が何を言いたかったかわかったのかと気づいた。

しかも自分から誘ったように、ダダこねてみせて。

遠慮するに決まってる俺に、気を使わせないように。

こういう機転のきかせ方がチャンミンらしい。
敵わないな、とつくづく思う。

俺、こんな出来た相棒がいて、ちゃんと結婚できるんだろうか?

…不安だ。




小説の目次はこちら
INDEX


小説はこちらで更新「Novel of TVXQ

2014-05-24 : 俺と僕の距離 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

りこねぇ

Author:りこねぇ
昔、道端で踊ってましたね。あ、そうそう、バンドもやってました。ユノのダンスとチャンミンのハイトーンボイスが好きです。あと、東方神起の動画作るのにハマってます。

NewRelease

自作動画

YouTubeにアップしている動画です。よかったら見てやってください。
ユノに大好きな曲を踊ってもらいました。本当にユノが歌いながら踊っているカンジにしたかったんですがどうでしょう^^;

Special Thanks

Mail




記事ナビ2 新着+関連エントリー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR