ユノペン時々チャミペン。つまりトンペン。東方神起を応援するRed Oceanの一粒。

東方神起のユノとチャンミンを応援するブログです

①dropのお話

みなさんこんばんは(`・ω・´)ノ

お約束通り、更新いたしました
(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ



更新するだけでご満悦ですが。

今回は更新2回になります。



一つ目のネタは「DROP」のこと。

これはまぁ、ありがたいことにリクエストをたくさんいただきましたので。

満足していただけるかどうかはわかりませんですが、管理人より人気のあるあの方もライビュに行きましたのでね。

一応更新しておこうかと。




もう一つは、気になるコメントをいただいたので、それについてです。

そのコメントを読んで「言葉が少なくて誤解させてしまった」と思ったので、お返事がてらここに書き留めておきます。

たぶんね、アタシのブログは他のブログと立ち位置が違うので。

最近遊びに来てくださるようになった方々にその違いが伝わってなかったのかなと思います。




と、いうことで。

さっさと本題に入りたいと思います。




まず今回はライビュのお話。

この日はマミーと行ったんですが、別の席で会社の子とこっそりタケル氏も参戦しておりました。

おそらく周りには、少女時代のファンとでも思われたんじゃないかと←ざまぁ




で、マミーですが。

実は「ユノが出る」ということ以外は一切教えてなくてですね。

なのでDROPのVCRは何も知らずにビビっておりました。

ところがユノだとわかった途端意味不明な奇声を発した後。




「いやっ!ちょっと!なに?!なんで?!」




いったい誰に何を尋ねていたんでしょうか。

しかも見終わった後「心の準備ができてなかったから何にも覚えてない」と言い出す始末。

かなり興奮してましたので、夜泣きするんじゃないかと心配になりました。




そしてマミーと別れてからタケル氏と合流。

以下、知り合いの居酒屋での会話でございます。




「振り付けに関してはところどころソロのMVで見たやつと似てるなと思ったとこがあったけど、あの演出に負けてないのはさすがやな」

「あの演出やばいよな。絶対プレッシャーかかるやつよな」

「そうそう。あれだけのセット組んで、あれだけのバック従えて、王様感出せんかったら死ぬほどカッコ悪いからな」



もしもブランクを感じる程度の仕上がりだったら、あの演出は逆効果だったんじゃないかと。

そう思うと、兵役後一人であの演出をやりきって、しかも他ペンさんからも絶賛されたのは凄いことですよね。

中には「演出が凄かっただけ」なんてツイも見かけましたが。

いやいや、だったらやってみなさいよあなた。

誰がやっても凄くなるわけじゃないからね?

アタシらも昔、他のグループとイベント的なことやったりしましたが、出番がトリの時は「この程度でトリ?」と思われちゃいけないっていうプレッシャーがありましたから。

あんな「特別」丸出しの演出で評価を受けたのは、「特別」に値したからだと思います。





「で、ダンスはどないでしたか先生」

「どないもなにも、上手にふんぞり返っとったやん」

「…ユノを馬鹿にするな」

「なんでや。王様はふんぞり返らなあかんやないか。あんた踊りながらふんぞり返ってみ?コケるから」




ここから先生のお話に少し画像を交えます。




「腕振ったら反動で大抵重心がブレるねん。胸叩いてたとことか、ユンホは上半身ガッツリ前向けて腕だけ振ってたやろ?」







「上から下に落とすアイソレでも綺麗に胸張ってた。あの部分だけなら誰でもできるけど、踊ってる最中にやれるかゆーたらなかなか難しい。でもDROPは一貫してどの動きも胸を張るのを徹底してた。あれは意識してるわけやなくてたぶんセンスちゃうかな。このダンスはそうするべきや、って解釈したんやろ」







アイソレってのはアイソレーションってゆって、体の各部分を逆に動かすやつです。

腕をクニャクニャさせるウェーブの全身版とでも言いましょうか。

ダンスを習うとまずみんな、ここで躓きます。

胸を回したり胸と腰を左右逆に動かすような動きだったり、今のダンスはアイソレできないと踊れません。



そして余談ですが、パントマイムでよくやる「スローで走ってるように見えるけど実はそこから動いてない」っていう足使い。

昔仲間と、これがムーンウォークやエアーウォークの原型じゃないかって話してたんですけど。







所々こういった足使いを入れることで、ファンタジー感が増してたように思います。



そして話の終盤。




「舞台みてるみたいなカンジせんかったか?」

「あぁ、そう言えばそうかも」

「踊ってるっていうよりは、演じてるってカンジやったな。魔王が主役の舞台とか、そんなイメージ」

「あんた上手いことゆーな。とうとうユノペンの仲間入りか?」

「ユノペンちゃうわ」

「だったらなによ」

「んー…インチキ評論家?」

「インチキなんかいっ」




すいませんねインチキの話なんかお聞かせして。




と、まぁ、dropの会話はこんな感じでした。

くどいようですが、プロじゃないですからね?

本人が言うようにインチキ評論家なんで、適当に流していただけると幸いです。




それでは今回はここまで。

次は前回の記事に対するあるコメントへのお返事になります。

東方神起のお話以外興味ないわって方はスルーしてください。



本日も最後までお付き合いくださりありがとうございました(⑉^ ^⑉)



ではでは( ・∀・)ノシ

小説はこちらで更新「Novel of TVXQ

2017-08-28 : ダンスのお話 : コメント : 9 : トラックバック : 0
Pagetop

東方神起のダンスのジャンルを勝手に検証②

あけましておめでとうございます(`・ω・´)ノ

今年もよろしくお願いします♪



そうそう。

前回のアンケートにたくさん参加してくださってありがとうございます。

いやいや、正直言ってビックリしました。

予想をかなり上回る数でしたので、大変参考になりました(o_ _)oペコ

200件ほどの回答をいただきましたよ(〃▽〃)



最近めったに更新しない怠慢ブログなんで、ある程度の数になるまでかなりの数日かかるだろうと思っていたんですが。

みなさんちゃんと見てくださってるんですねっ。゜(゜´Д`゜)゜。



今回の質問は、このブログを見る時にパソコンを使うかどうかだったんですけども。

パソコン使う方はほとんどいないんじゃないかと思ったら、3割くらいはいらっしゃいまして。

なんでそんなこと聞いたのかと言いますと、いいかげんにサイトのリニューアルしなしとなと思ったんです。

でも、パソコン用の画面て、頑張って新しくしても見てくれる人あんまりいないかもしれんなと。

でも、思ったよりいらっしゃるので暇ができたらやってみます(〃▽〃)




さてさて。

前回ではユノの動画を見て「懐かしい」と思った理由なんかをグダグダと述べましたが。

その後コメントさんから結構するどい感想をいただきました(´-ω-`)


ここから、例によって長い前置きに入ります←またかよ





Q.前回のユノの動き、よく中居君がしますよね?

A.よくしてますね。ほとんどテレビ見ないアタシでも見かけた記憶が多々あります。

アタシの知ってる芸能人で、ブレイクダンスやってて一番年いってるのがナイナイの岡村さんなんですが、たぶん中居さんは同年代くらいじゃないですか?

この年代の人たちなら、日本にブレイクダンスが来た頃の代表的なフリをよくやると思います。

特にこの肘を上げて腰をズンと沈める仕草は動作と動作の間の繋ぎとして入れることが多いんですが、最近のダンスでは見かけないので今のヒップホップのダンススクールじゃやらないんじゃないですかね。



ユノがやる分に関しては、たぶん日本のがブレイクダンス入ってきたのが早かっただけじゃないかって某ユノペンさんがおっしゃってましたが。

その辺が中居さんたちとユノの年齢差の理由かなと。

なるほどです。





そして次のコメント。

>前回取り上げたダンス、不慣れでも比較的覚えやすそう。

→その通りだと思います。


ヒップホップやブレイクダンスとかと違って、ソウルだジャズだってのは昔はディスコなんかでみんなが踊ってたらしいんで。

元来みんなが踊れるダンスと言えるかもしれませんね。





>東方神起のダンスジャンルってジャズっぽい感じもある?

→そうですそうです



アタシが思うに、ソウルダンスとジャズダンスの違いって、使う曲がR&Bかジャズかってだけなんじゃないかと思うんです←たぶんね

ステップとかは基本的に同じではないかな。

その延長線上にあるブレイクダンスだのヒップホップだのも同じようなステップたくさん出てきますし。

盆踊りとブレイクダンスのような明確な違いなんてないと思います。

黒人の人たちの音楽とダンスなんで、基本は同じで当たり前かもですね。

なのでアタシがソウルと感じたり、ジャズと感じた方がいらっしゃったりというのはもっともだと思うんです。

もちろん基本が同じであったとしても、ヒップホップやブレイクダンスにはディスコの頃にはなかった動きがたくさんありますけども。





>ジェームスブラウンが頭に浮かびました。

→それですそれ!



ジェームスブラウンて「ゲロッパ」のおじさんですよね。

さすがによくは知りませんが、マイケルジャクソンがリスペクトしてたらしいんで調べたことがあります。

実はこのおじさん、案外体が重くてですね。

ゲットダウン(スプリット(開脚)から足を閉じながら立ち上がるやつ)の動作がもっさりしてます。

でもね、足使いなんかは絶妙で、高速で足を動かすとこはマイケルと似てると思いました。

それもこれも、おそらく遡れば黒人の民族的な踊りに行き着くんでしょうね。

ジェームスブラウンからマイケルというように、そうやって一つながりに進化していってるのだろうなと。



で、ここからが本題←まじか……



前回、東方神起のメインのダンスが「ソウル」ではないかと書きましたが。

ここで久々にタケルとゆかいな仲間たち(※過去ログ参照)の登場です。



過去ログに登場した専門学生くんのお兄ちゃんがやってるおでんバーをみんなで乗っ取りましてね。

もちろんテレビには東方神起のティスコンが流れてたんですが←アタシの仕業

そこでアタシが「韓国の東方神起のダンスジャンルはヒップホップじゃないよね」と言ったんです。

したらタケルくんが言ったんですよ。


「そりゃそうやろ。曲がヒップホップ(ミュージック)やないんやから」

「じゃあ何になるんやろ?」

「ソウルとかジャズちゃう?」

「やっぱりそうなるんかなぁ」

「うん。R&Bとかジャズが多いから」



目からうろこでございました。

長々と書いた前置きの理屈からすると、曲調でダンスのジャンルが決まるわけで。

だとすると、確かにヒップホップではなくソウルやジャズってことになるのかなと。



アタシはステップだのなんだのを細かく見て、これはどのジャンルだとか考えてたんです。

そして漠然と「ソウルってことになるのかな」とは思ってたものの、理由をしっかり見いだせないでいました。

しかしここへきてようやく、スリスリやサムティン、BUG、そしてアルバム全体で考えてアベレージを出すとすると、ジャズやソウルってことになるのかな、ということで落ち着きました。

もちろん全く別の試みをしているケチミのような曲もありますけどね。

これはあくまでアベレージ(平均)の話です。

東方神起は狭い枠にとらわれている訳ではないので、ちょっと強引かもですが。



アタシはそう思ったんですが、みなさんはいかがですか?




そしてこれは余談。

酒がかなり入った頃に、仲間の一人が言いました。



「最近の奴はみんな踊るのが上手いけど、一緒に見えるよな。教科書通りや」



これね、アタシの知り合いのダンサーさん(現役のプロダンサーさん)も言ってたんです。



「今の子はみんな上手い。上手いけど個性がない」



今ってスクールがたくさんあって、みんなそこから始めるじゃないですか。

基礎からきっちり教わって、しっかりしたお手本がいて。

恵まれた環境だなと思います。

アタシらの頃なんてそんなもんほとんどありませんでしたからね。

みんな、道端で先輩方がやってるのを見よう見まねで覚えて、道端で練習して。

動画みたりいろんな人に教わりながら上達していく。

自己流で練習するもんで、基礎も何もあったもんじゃないしダンスの歴史やら専門的な知識なんてありゃしません。

でも、そんな適当でただ楽しいだけでやってるうちに、自分なりの個性が出来上がったように思います。



「俺らの頃なんか、人のクセを真似しながら笑ったもんや。けど今の奴はクセがない。揃いすぎててバックダンサーみたいや」



したらタケルくんがアタシに言いました。



「ユンホもチャンミンもクセだらけで真似しやすいやん。てことは、教科書通りじゃなくて、一生懸命自分なりに勉強したってことやな」



……こいつ、やっぱりナムジャペンだな。

普段しゃべらないくせに、東方神起を語ると途端にボキャブラリーが豊富になりやがる(´-ω-`)



「チャンミンなんか上手なったけどユンホと全く似てないやん。意地でも自分なりに練習したんやろな。性格出てておもろいな」



……いかん。

東方神起を語るとこいつに負ける( ˘•ω•˘ )



あんまりすらすらいいこと言うので、今度はアタシの中にあるモヤモヤをぶつけてみることにしました。



「(前回取り上げた動画について)このダンス、すごい懐かしい感じすると思わん?」



この台詞には「ちょっと古くさくない?」というニュアンスが含まれています。

それに対するタケルくんの答えは。



「これ、軍のイベントなんやろ?東方神起のコンサートやないねんから、いろんな人が見るやろし、軍の上官とかも見るわけやし、これで正解ちゃうの?」

「あ、そうか。そうやな」



ついついアタシは、もっとかっこよく見える振り付けをと思ってしまってたんですが。

いや、これはこれでかっこいいんですが、ついつい欲が出るわけで。

でもTPO考えたらこれでよかったんだ、とストンと落ち着きました。




で、この日は結局2時くらいまで騒いで、店から近いアタシんちで雑魚寝しましたとさ。



(完)






長々とすいませんでした(ーー;)

いつもの通り、アタシたちの戯れ言であって専門家の意見ではないので、軽く読み流していただけると幸いです。



ってことで。

本日も最後までお付き合いくださりありがとうございました。


ではでは(。´・∀・)ノ゙

小説はこちらで更新「Novel of TVXQ

2017-01-04 : ダンスのお話 : コメント : 7 : トラックバック : 0
Pagetop

東方神起のダンスのジャンルを勝手に検証①

みなさんこんばんは(`・ω・´)ノ

刻一刻とユノ、チャンミン除隊が近づいておりますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。



てゆーか、気がついたら年末だし。

いくらなんでも年内に1本くらい上げないと、また「引退したんですか」とコメントが来るぞと。

そう思って実は、数日前から「腰振り検証」などという妖しげな記事を書いていたんです。

下ネタじゃないですよ?

いや、ある意味下ネタかもしれんけど。

ちゃんとした?ダンスのお話でした。





だがしかし。





そんな中、某ユノペンさんから教えてもらったツベがですね、あまりにもツボだったもので。

とりあえずそっちを書こうってことで、更新が遅れてしまいました。





以上、言い訳でした。






では早速、アタシがハマった動画がこちら。





例によって韓国のユノペンさんが撮影された動画でしょうか。

あまりのクオリティにビビりましたが。

これ、噂に聞くバズーカ砲ですかね。

韓国のユノペンさんは、テレビ局みたいな肩に乗っけるカメラで撮影されると聞いたことがありますが。

手ブレもほとんどないし、すごいですよね。



で、これがどうツボに入ったかと言いますとですね……




※久々に書きますが、アタシは昔ダンスやってたってだけで、プロでも業界人でもないんで。
なのでうちのブログの戯れ言は「こいつはそう思ったんだな」程度の軽い気持ちで読んでくださいね(〃▽〃)
なんか結構勘違いされてるみたいなんで非常に心苦しいです。




まずですね。

この振り付けを見た時思ったのが



「懐かしい!」



でございました。



曲調が、と言うことではなくて。

アタシのことですから、もちろん振り付けそのものに反応したわけです。



ここからちょっと話が横道に逸れます←ほらきた




実はですね、まだアタシがとあるダンスチームにねじ込まれたばかりの頃の事なんですが。

リーダーから、恐ろしく古くさい動画を渡されまして。




HOW TO BRAKE DANCE!みたいな(´-ω-`)




おそらくなんですが、大昔にブレイクダンスが流行り始めた頃の動画だと思うんです。

アタシはブログでよく「ヒップホップをやってた」と言っていますが。

そもそもブレイクダンスとヒップホップってどう違うのか明確な定義はしりません←おいおい…



ぶっちゃけ、みなさんが見てダンサブルでかっこいいと思ったらヒップホップ、

アクロバティックだったりエグいと思ったらブレイクダンスって認識でいいんじゃないかと。



大雑把だな(´-ω-`)



アタシ的にはブレイクダンスで使われる音楽をヒップホップと呼ぶイメージなので、ダンスそのものをヒップホップと呼ぶのは本当は変なカンジなんですけども。



で、こちらが一般的に言うところのブレイクダンス。



これは確か、日本でブレイクダンスが流行ったきっかけとなった映画「BREAK DANCE」

動きがエグいでしょ?

しかもバリバリの昭和(´-ω-`)

アタシがリーダーから渡された動画が、おそらくこの年代のものだったかと思います。

ユノも昔ダンスバトルでこういうのやってましたよね。



で、こっちが一般的に言うところのヒップホップ。



トンペンさんの大半がEXOを連想したんじゃないでしょうか?

SMROOKIESでしたっけ?あの子たちの振り付けもこの種類ってことになりますね。

これが今の「かっこいいダンス」の主流ですね。



では、我らが東方神起の振り付けのはと言いますと。



どちらでもない、とアタシは思いました。

信じるままやBreeding Poisonあたりはヒップホップかなと思わなくもないですが。

では何なのか?

考えた結果、東方神起のメインは、ソウルではないかなと。




いや、韓国のソウルじゃなくて。





ソウルミュージック(ブラックミュージック)で踊るダンスのことなんですけどね。

ブレイクダンスやヒップホップよりも更に前の「ディスコ」時代の前半あたりのダンスって言えば早いですかね。

ブレイクダンスやヒップホップはディスコの中盤からと聞きました。




古くさいって意味?




まぁ確かにそう言えなくもないんですけど。

ヒップホップやブレイクダンスのご先祖様という位置づけですが、同じ黒人の人たちの音楽とダンスなんで、使う音楽の曲調が違うだけのようにも思います。




と、いつも通り前置きが長くなりましたが。

以上の理由で、昔リーダーから渡されたHOW TO BRAKE DANCE!的な動画は、ブレイクダンスとありながら、中身はソウルと言ってもいいようなものでした。

作ったのが日本人だったというのもあると思います。

で、その動画はツベを探しても見つからなかったので、似たようなのをお借りしてきました。



これはディスコでよく踊られていたらしい「ファンキー」というダンスを検索したら出てきた動画です。

アタシはこれとほぼ同じ内容のものを「ブレイクダンス」のお手本として渡されました(´-ω-`)

そして、一番最初にあるユノの動画の2:00あたりの振り付け。

よく似た動作がたくさん出てくるかと思います。



長くなったので要約しますと



アタシが昔「ブレイクダンスのお手本」として渡された動画と、今回のユノの動画の振り付けが似ていたので懐かしいと思った。


でした。





だったらそう書けばいいだろ。

いや、そんなことしたら数行で終わるじゃないですか(´-ω-`)




なんかダラダラと長くなってしまって何が言いたいんだってカンジですが。

次の更新では、東方神起の定番のダンススタイルについてのアタシの考えを書きたいと思ってます。

何度も言いますが、単なるアタシの戯れ言なので「こいつはそう思ったんだな」という軽いノリで読んでくださいね(〃▽〃)



あ、そうそう。

今回、↓に1問だけのアンケートを設置しました。

メアドも名前もいらないので、お暇でしたら参加してやってください。

アンケートはこちら



それではまた近いうちに←ほんとか?


本日も最後までお付き合いくださりありがとうございました♪


ではでは(。´・∀・)ノ゙

小説はこちらで更新「Novel of TVXQ

2016-12-26 : ダンスのお話 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop

MJ見ました

みなさんこんばんは (。・x・)ゝ

すっかり開店休業状態のりこねぇですww(←笑うな)

ガッツリ繁忙期の中、アタクシ会社で「参戦日は1時間早退宣言」をいたしました。

正直者ですからね。
理由は正直に「東方神起のコンサートに間に合わないから」と申し上げました。

ええ。忙しいです。
仕事山積みです。致死量寸前です。



でも








どうせ死ぬなら東方神起見てから死にます。








立派なトンペンになったもんだと自画自賛(´-ω-`)




なので参戦後に更新なくなったら死んでるかもしれません。



冗談はさておき。



追いツイやらツベのファンカムですっかり2、3回参戦している気分ですが、アタシの初戦は15日です。

そしてテンション上がってきた中、禁忌を破ってリアルタイムネタやります。







「MJ見ました」






正しくはリアルタイムではなく、いつもよりリアルタイムに近いネタ、です。

もちろんスピニングの話なんですが。


PVではほら、PV用の演出としてフリーで踊ってた部分が多かったじゃないですか。

だからきっちり踊ってるダンスバージョンを見たいなと思ってたら、番組出演で実現しました♪






gif作るのめんどくさいので歌詞でどのあたりか見当つけてください(横着だな)

ここんとこのステップ見た瞬間息止まりましたね。

よくぞアップにぜず全身を抜いてくれた!

おかげでダンサーさん含む綺麗なステップが見れました。

欲を言うならカメラは固定でお願いしたかったですけど(黙れ)



やっぱ思った通りこの振付いいですね♪

MAXIMUMやうぇは独特のドラマティックなパフォーマンスじゃないですか。

それはそれで圧巻なんですけど、こういう「今時」な振付もアタシは大好物なんです。

特にSweatとかこのスピニングは、誰が見ても普通にカッコいいじゃないですか?

公共の電波乗っ取って勝手に流したいくらいです。

Mステ出さないなら電波ジャックしかないですよね。





できませんけど(´-ω-`)









あんまり語るとライブのレポとかDVDネタの時書くことなくなるのでこのへんにしますww




あと、やっぱ二人は後姿もかこいーですね。

シルエットだけでも惚れ惚れします。







タケルが以前dirtのファンカム見ながら言ってたんですけど

「背中で踊ってかっこええのは足長いヤツだけやねんで」



はーい、せいかーい(´-ω-`)



なんだかまとまりのない内容になってごめんなさい(-人-;)
とりあえずスピニングのお話をしたかったので気が済みましたww


ぼちぼちと顔合わせのお声もかかりはじめ、ますます楽しみになってまいりました初参戦。
まだ参戦が残ってらっしゃる方も、エア参戦の方も最後まで楽しみましょうね♪


本日も最後までお付き合いくださりありがとうございました(〃▽〃)

ではではヾ(゚ω゚)ノ゛

小説はこちらで更新「Novel of TVXQ

2015-03-03 : ダンスのお話 : コメント : 6 : トラックバック : 0
Pagetop

タケルくん、久々にユンホを語る②

みなさんこんばんは(*`・ω・)ゞ


さて、前回の続きになります。

本当は1回でガッツリ更新したかったんですが時間がなくて。

タケルくん第二弾です。

ここから読み始める方は、この記事についてのお断りが前回に含まれているので、お暇でしたらぜひ①からよんでいただければと思います。


で。




前回の続きで、トンペンさん方から「ユノのダンスが変わってしまった気がする」というコメントを多数頂くという件についてですが。

ここからはタケルの、普段からの見解を交えたお話になります。




「ユンホは確かにダンスが変わったと思う。でも変わったんは最近じゃなくて二人になったあたりかそのちょっと前やと俺は思うねん。でも、変わるのは当たり前のことちゃうか?

だって、いつまでも同じダンス踊ってるのは努力してないのと同じことやろ?」


東方神起 呪文

IMG_4998.jpg


「どっちが上手く見えるかは、どっちのダンスが好きかによると思う。ユンホが変わったことで、昔の方がよかった、今の方がよくなった、そんなもんは見てる側の好みの問題やろ」

確かにそうです。
アタシもですが、一緒にやってた仲間たちは努力の過程でどんどんダンスが変わっていきました。

といってもチームのほとんどがブレイクダンス系で、実際みなさんがイメージする「ダンサー」はタケルの他には1人だけでしたが。

「でも実際のところ俺は、ユンホの今と昔のダンスの問題じゃなくて、ホンマは振付の問題が大きいと思うんやけどな」

「さっきも言うたみたいに(前記事参照)、振付のかっこよさによって上手く見えたりそうじゃなかったりすることもあるんやけど、他にも原因はあるねん」



「ユンホはな、クセがキツいねん」

「マイケルやろw」

12.jpg


「フケ払いとか金〇つかみ(下品ですいません)はマイケルのマネやけど、目立つのはマイケルを意識してる頃についたクセ、ちゃうかな」

9.jpg
この「お手手ピコン」もその一つですねww

といっても、クセが悪いわけではなくて、逆にクセなんて誰にでもあるもんなんですよね。

タケルにもクセはあります。

彼はノってくると前髪を流すみたいに首をクンッと振ります。
あとは手の甲で何かを殴るみたいに素早く手首を降ったり。

振付の一部みたいなんで見慣れないとわかりませんが、これが出てくるとテンション高いなと思いました。

ユノのフケ払いとかもそういう時ありますよね。



「クセってな、遊びの部分に出るから目立つねん」



遊びっていうのは、しっかり振付が決まってないところとか、ポーズとポースの間とか。
ようするにアドリブを入れられる隙間とでも言いましょうか。

「それでもBANGの振付は遊び以上にクセが出てるから、もしかしたら振付にユンホ自身のアイデアが入ってるんちゃうか?」

※この時点でアタシたちは、この曲がユノ自身のプロデュース?(正確な情報ではないですが)だとは知りませんでした。

11.jpg


クセって言うのはその人らしさな反面、マンネリ感が出るのはいろんな人が踊ってるのを見ててよく思いました。

それこそ遊びがあるたびに同じフレーズを入れてしまう人もいます。
そういうのは、曲が変わっても新鮮味というか、新しさがなくなってしまうんですよね。

ソロで踊ればそれが一番よくわかるんです。


「ユンホは振付師やないねん。だからええ振付師がガッツリカッコええ振付させれば期待以上に仕上げてくる。それこそクセが出る余地ないくらい細部までカッコええ振付。だからって同じ振付師ばっかり使うと、振付師のクセが出て来るから難しいねんけどな」



ここから、タケルくんがいつも言っている「ユンホのポージングは神」論で、彼の持論を立証しますww




「おまえ、spinning見たか?カッコええ思わんかった?あれはユンホのクセをほとんど殺すくらい細かいとこまで手を抜いてない振付や。あれ踊って下手くそに見えるならユンホが下手になってる証拠。カッコよく見えるなら、下手になってるってことは絶対ない。あの振り付けはポージングが難しいから、かっこよく見せるのは上手なかったら無理やと思う」



とゆーことで、タケルくんにポージングが上手いと思うところのスクショを撮ってもらいました。


1.jpg

ユノ一人外股ですが、これはタケルとアタシでユノの「解釈」が一番カッコいいと意見が一致しました。


2.jpg

ここ、下手するとブサイクに見えるところですが難なくクリア。さすが。


3.jpg

はい、文句なく一等賞。めちゃくちゃオトコマエなポーズです。


4.jpg

これぞユノ。ドヤ顔キメる時の全身の角度がすばらしい。


5.jpg

はいここ!
腰を落とせば落とすほど、肩を入れれば入れるほどかっこよくポーズキメるのが難しくなるんです。
なぜなら一瞬なので間に合わないんです。
でもこのキツイところまで体のパーツを入れてそれでもカッコいいってのはやっぱ上手いんだと思います。



「結局な、上手く見えんならその人の好みじゃないってだけで、ユンホが下手になったとかダンスが変わってしまって良さがなくなったとかじゃないと思う」


そして最後に


「他のを見て不安になったら、信じるままとかspinning見ればええねん。そうすればユンホが上手いこと思い出すわ」


いつも思いますが、男の脳みそは簡単でいいですね(いや、こいつだけか?)

キメ顔見て「キャー」、ユノチャミが見つめ合って「キャー」がない分、しっかり見えているのかも知れませんww



それでもね、前回アップしたぴょん吉ユンホくんの画像については「玄関開けてこんなんおったら…」とおかしなことをつぶやいておりました。

もし実現したら帰宅が早くなるかもしれません。

大丈夫ですかね、この人?





ということで。


以上が、アタシのところに来て不安をぶちまけてくださる方々に対するタケルくんとアタシからのお返事でした。

これはアタシたちがダラダラしゃべってるだけのことで、正解ではありません。

でも、聞いてくださる方がいらっしゃるならと、恐れ多いのは百も承知でお返事させていただきました。


実はこの後もいろいろ二人で話をしたんですが、それについてはまた機会があれば。



長くなりましたが、本日も最後までお付き合いくださりありがとうございました。

ではではヾ(゚ω゚)ノ゛

小説はこちらで更新「Novel of TVXQ

2014-12-28 : ダンスのお話 : コメント : 16 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

りこねぇ

Author:りこねぇ
昔、道端で踊ってましたね。あ、そうそう、バンドもやってました。ユノのダンスとチャンミンのハイトーンボイスが好きです。あと、東方神起の動画作るのにハマってます。

NewRelease

自作動画

YouTubeにアップしている動画です。よかったら見てやってください。
ユノに大好きな曲を踊ってもらいました。本当にユノが歌いながら踊っているカンジにしたかったんですがどうでしょう^^;

Special Thanks

Mail




記事ナビ2 新着+関連エントリー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR