FC2ブログ
ユノペン時々チャミペン。つまりトンペン。東方神起を応援するRed Oceanの一粒。

明日コン初参戦④【ペコちゃん初参戦記念】

みなさんこんばんは(`・ω・´)ノ


またまた更新に時間がかかってしまいました。

なんせ1月はインフルエンザだのなんだのと看病ばっかしてたんです。

が。

おかげさまで感染せず、無事1月19日の京セラに参戦できました。

数名のトンペンさんにお会いできて、トンペンさんのお作法?である手作りグッズをお渡ししました。







Twitterでお話するフォロワーさんや、このブログの初期から仲良くしてもらってる方々にお会いできて嬉しかったです。


そして参戦の翌日はWOWOWの生放送。

以前はオーラス=ライビュだったのに、最近はWOWOWさんのおかげで自宅参戦。



映像として改めて見て思ったのが


「あ、この曲の振付ってこうなってたのか」

「あの動画の続きはこんなにかっこよかったのか」

つまり今回のツアーでは…





ダンス曲を近くで見られなかった





んです。




アタシ、これまで結構クジ運良かったんですけど、今回は2回ともダンス曲が遠くて。

なのでライブ中の記憶の大半がペコちゃんの笑い話っていうね…。





なのでもういっそここからは、2回の参戦とWOWOWを絡めながら書いていきます。




さて。


ちょっと順序が戻っちゃうんですが。

アタシの中でなんだかI don't knowがものすごくかっこよかったって印象が残ってて。

なんでかなと思ったら、一番の理由はスクリーンの演出を挟まずフルで踊ってたからなんですよね。

他ツアーでスクリーンの演出があって途中見れなかった振付も堪能できたんです。


東方神起に興味を持ちはじめた頃、好きでよく見てたんですよスイカ神起のI don't know。



MAXIMUMも好きでしたね。

でも、今と昔じゃ雰囲気が随分違ってますよね。

どちらも好きですけども。



他に何が見たいかと言われたら、wrong numberとかブロケミ発動バージョンのHEY!とか。

あとはユノソロのCrazy Life。ブンブンチキチキね。

あれ、今やったら凄い事になる気がするww






脱線してしまいました。





で、前回の続きでお次のダンス曲はBurning Downです。

これね、実はMVの時点ではそんなに好きではなかったんです。

ユノペンだからってユノなら何でもかんでもってわけではなくて。

アタシ的にはバニダンとかシャンパンはピンと来ない曲でした。



ところがどっこい。



別の曲を用意していたけど、ファンの期待に応える形でねじ込んだバニダン。

ありがとうございます。モロ好みです。


Burning Down

画像お借りしております




アタシはどちらかというと小物演出があまり好きではなくて「傘いらない」「ライトセーバーいらない」ってカンジで

だから「ベルトいらない」だったんです。

チャンミンのかぶり物は好きですけどね。

馬とか魚とかいちごとか。


ベルトがユノのアイデアなのは知ってました。

でも、ライブは小物ナシで振付を堪能したいんだよと思ってたんですが。


ポールはOKでした。

なぜならポールダンスだから。



膝小僧丸出しすぎて五分丈スパッツかと思ったけど。

あの膝小僧見て「足が長いとあの位置に膝がくるんだな」と思いました。

黒のスリムなパンツは足の動きがよくわかって「ユノのステップフェチ」としてはごちそうでした。

この振付、全体的にステップがいいですね。

最後のレーザーの演出で浮かび上がるユノのステップ、WOWOWで見たらめっちゃかっこいいけど

実は会場で見た時はこの前後の演出が暗くてよく見えなかったんですよね。

WOWOWとかBlu-rayが必須の演出です。



そしてチャンミンのIn A Different Life。

アタシは昔、アコギでチョコッと弾けてたんですが。

チャンミンが歌いながらやってるアルペジオ、結構複雑で「おーすげー」と感心してたんです。

ユノがゆってたように、高音やシャウトではなく優しい歌声、ってのもいいですね。

でも、できればチャンミンのキーまで上げたXの「紅」も聴いてみたい(原曲のままじゃチャンミンには低いと思う)




ほらほら。

どんどん長くなってるので次。



うんみょんとスリスリは今回割愛。

あんなの何回見てもかっこいいに決まってます。

ベタ靴履いて足長いってどんだけなんだ東方神起。



ということで、アタシ的最後のダンス曲であるjealous、Trigger、正反合の神曲3点セット。



あのさ、メドレーでいいからここの流れを歌番組でやってくんないですかね。

好青年の東方神起もいいけど、こういう東方神起をトンペンしか知らないってどうなんですかね。

革パンでRoad歌ってる場合じゃないですよ。



特にTrigger。

ユノの暴力的な表情とかチャンミンの壊れた人的な薄ら笑いどうですか。

なんならRoadの後にこれやる?

ギャップどころか二重人格レベルで楽しくないですか?



振付した人のTrigger見ましたけど。

もちろんサンプル的に踊ってるので、その方の色は消してらっしゃいました。

あれをベースにして、ユノとチャンミンそれぞれのTrigger。

トンペンさん撃ちまくってサイコーじゃないですか。



その前にjealousぶち込んでるのがまたいいですよね。

女たらし込んでからの銃乱射ですか。

どこのスラムだよここ。



かーらーの、大真面目に全身全霊の正反合。

これぞ東方神起。



濃いわーここの流れ。



TREEで言えば「Breeding Poison」「信じるまま」「B.U.T」

WITHで言えば「Answer」「Dart」「survivor」



この9曲続けたらチャンミン怒るけどね。

ってかそもそも無理だけど。

でも、このあたりがアタシ的には「これぞ東方神起」なんですよね。

どっかの歌番組で、こういう東方神起をお披露目してくれないかなと思います。






さて。

相変わらず他のブログと違って二人の会話だの萌えポイントだのが一切出てきませんが。



ここで書いておかなければならないのがペコちゃんのこのエピソード。



1回目の参戦の時は、気球で二人が近くまで来ました。

もちろんアタシもそれなりに楽しんではいましたが、なんせ踊ってないもんで。

「相変わらず綺麗なお顔だこと」なんてカンジで眺めておりました。

で、最初はチャンミンが前を通り過ぎましてね。

ペコちゃん双眼鏡覗き込んで微動だにせず。

彼女の頭の中は、R指定の妄想モード発動中です。



手を振り通り過ぎるチャンミンにアタシは心の中で土下座しましたね。

何させられてるかはわからないけど。

とりあえず申し訳ないのは間違いないので。



で、お次はユンホくんの番。

菩薩のような優しい笑みでトンペンさんに手を振るユノが目の前に。

その時なにげに隣を見たら、なんとペコちゃんまだ双眼鏡を覗き込んで動かず。


ちょっと待て。ユノはやめろ。

ダンスではとんでもない腰振りを披露するが貴様が手を出していい相手ではない。

青少年保護法に引っかかるぞ30過ぎてるけど。


ヒヤヒヤしながら為す術もなく見守っておりましたら、ユノが通り過ぎたあと双眼鏡を下ろしたペコちゃんが言いました。



「まるで少年のように無邪気な笑顔。…ユノいい♡」


踊るユノではなく、まさかの少年ユンホくんにペコちゃんが反応を示した!







そこかいっ!!







ということで、チャミオンリのペコちゃんが、チャミペンでトンペンになったというお話でした←なんだそりゃ







結局アタシが一番言いたかったのは、ペコちゃんが立派なトンペンになりましたよという事なんです。

もちろんチャミペンは変わりませんし「私はチャンミンの顔と体が目当て」という初心は忘れていませんが。

ライブに参戦して、より東方神起の良さをわかってもらえたんじゃないかなって思いました。




さて。

これで相変わらず一風変わったアタシのレポは終ります。

そしてまた、このブログはしばらく更新をお休みすることになります。

また書きたくなるのか、それともこのまま放置プレイになるのかは分かりませんが。

ツイでは引き続きくだらないこと呟いて遊んでますので、そちらでお会いすることがあるかもです。




ということで、本日も最後までお付き合いくださりありがとうございました。



ではでは(。´・∀・)ノ゙

小説はこちらで更新「Novel of TVXQ

2019-01-28 : ライブ : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

りこねぇ

Author:りこねぇ
昔、道端で踊ってましたね。あ、そうそう、バンドもやってました。ユノのダンスとチャンミンのハイトーンボイスが好きです。あと、東方神起の動画作るのにハマってます。

NewRelease

自作動画

YouTubeにアップしている動画です。よかったら見てやってください。
ユノに大好きな曲を踊ってもらいました。本当にユノが歌いながら踊っているカンジにしたかったんですがどうでしょう^^;

Special Thanks

Mail




記事ナビ2 新着+関連エントリー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR